How to paint  〜塗り方〜

刷毛とローラーで車の塗り方

こちらでは、刷毛とローラーを使った車の塗り方を順を追って詳しくご説明いたします。

【はじめに】

・服に付くと落ちません。汚れてもよい服装で作業してください。
・乳幼児の手の届かないところで作業してください。
・屋外または換気の良い場所で使用してください。
・始めて塗料を扱う方は、必ず要らない板などで塗る練習をしてから作業に取り掛かりましょう。
・刷毛とローラーでの塗装は純正塗装や板金屋さんのように、ピカピカには塗れません。
塗装を楽しむ気持ちで塗りましょう。

1.用意するもの
2.マスキング
3.足付け
4.脱脂
5.下塗り
6.塗料の準備
7.塗装
8.仕上げ

用意するもの
ローラーセット ローラーハンドルとローラーカバー4インチ
なるべく短毛のものを選びます。
刷毛 刷毛
50mmと15mmくらいのものが使いやすいです。
油性用のものと水性用のものがありますので注意してください。
なお、当店で取り扱いのあるものはすべて、水性、油性の両方使える多用途のものです。
マスキングテープ マスキングテープ幅24mm
×5巻くらい
シリコンオフ 脱脂用シンナー シリコンオフ
ラッカーシンナーやウレタンシンナーで代用できます。
シンナー 塗料をうすめるシンナー(水性の場合は水)
非鉄バインダー 非鉄バインダー
(市販のバンパープライマーでもOK)
無塗装の黒いプラスチックのバンパーやホイール、メッキ等の、
塗料が乗りにくい部分の下塗りに使います。
新聞紙 新聞紙
塗料がついてほしくない部分の養生に使います。
手袋 手袋
使い捨て
下げ缶 下げ缶と内容器
缶の中に内容器を入れて塗料を小分けするのに使います。
内容器は基本的に使い捨てです。
ブルーシート ブルーシート
車の下に敷いて汚れを防止します。
サンドペーパー サンドペーパー#600(耐水)
足付けに使います。
ウエス ウエス
糸くずが出ないもの

必要な道具がそろった
「刷毛塗り全塗装用 刷毛・ローラーセット」
はこちらからご購入いただけます。
>>刷毛・ローラーセット

1マスキング

マスキング マスキング

ほこりや砂が付いている場合は先に水洗いをします。
あらかじめブルーシートを車の下に敷いておきます。
その後、窓ガラスや、窓ガラスの周りのゴムの部分、ヘッドライト、テールライト、タイヤ、ナンバープレートなどに塗料がつかないようにマスキングテープや新聞紙で隠し、簡単に外せる部品は外します。
エンブレムやシール類なども可能であれば外しますが、残す場合は丁寧にマスキングをします。外して万が一壊してしまっても純正部品は購入することができます。
※トラックの場合、最大積載量の表示が必要です。塗装後、手書きでよいので必ず表示してください。

POINT
マスキングテープはしっかり密着させるようにします。
接着が甘いと、マスキングテープの隙間から塗料が漏れてキレイに仕上がりません。
塗装の大変な部分はほとんど下準備にあります。 しっかり下準備をしましょう。

2足付け

足付け足付け

足付けとは、塗料が定着しやすくなるように、#600の耐水ペーパーで表面を荒らす作業のことです。
全体的に車の表面が曇るようにやすります。
古い塗膜を全部落として・・・なんてことを言われる場合もありますが、純正塗装の上から塗装することを想定して塗料をお作りしていますので、純正塗装は落とさなくても大丈夫です。
ただワックス分などは落とす必要があるのでしっかり荒らします。
表面を荒らすと細かく凹凸ができて、表面積が増え、塗料と接している面が多くなり、塗料がよくひっつくようになります。

  3脱脂

脱脂脱脂

手袋をし、ウエスに脱脂用のシンナーを含ませてワックス分を除去します。
この時、毛くずのでるタオルなどを使うと、ほこりを余計に車につけてしまいますのでご注意ください。
また、この時に足付けの際にでたほこりを一緒にふき取り、ほこりを残さないように注意します。
脱脂用のシンナーはシリコンオフを別途ご購入いただくか、ウレタンやラッカーの場合はセットのシンナーでボディを拭いていただいても大丈夫です。

4下塗り

下塗り

未塗装の黒いバンパーなどの樹脂部分に非鉄バインダーを塗ります。非鉄バインダーは薄めずに塗ることができます。 専用の刷毛を別に用意して塗ってください。 非鉄バインダーは鉄以外の部分を塗る際、塗装が引っ付きやすくなる、接着剤のような役割をしてくれます。
また、ホイールを塗る場合にも非鉄バインダーを塗ってください。その際ブレーキダストなどをよく落としてから塗装してください。
非鉄バインダーはこちらです。

>>非鉄バインダー

塗料の準備

まず塗料の缶を開けたらよくかき混ぜてください。 その後、下の表を参考にし、必要量を別の容器に移し、塗料をうすめてください。

うすめ率表

・ラッカー塗料
ラッカー塗料に対してラッカーシンナーを80〜100%入れてかき混ぜて使います。

・2液ウレタン塗料
主剤と硬化剤を4:1の割合で入れてよく混ぜます。
出来上がった塗料に対してウレタンシンナーを20〜25%入れてかき混ぜて使います。
※硬化剤を入れた塗料は8時間以内に使い切ってください。

・水性塗料
水道水を5~10%ほど入れてかき混ぜて使います。

<簡易塗装機やスプレーガンで塗装する場合>

刷毛塗り全塗装の塗料はスプレーガンや電動の簡易塗装機などでも吹き付けることができます。
その場合でもつや消しの塗料はムラになりにくく、つや有りの塗料より塗装しやすいです。
その場合のうすめ率は刷毛塗りの場合と異なります。

・ラッカー塗料の場合
うすめ率100〜120%
乾燥が早いので、夏場はリターダーシンナーが必要。
また湿度が高い時もリターダー必須。白くボケてしまいます。
ラッカーリターダーはこちらです。
>>ラッカーリターダー

・2液ウレタン塗料の場合
うすめ率45〜50%
季節に合ったシンナーを出荷するようにしております。
もし冬場や春にご購入されたものを、真夏に塗装される場合はウレタンリターダーで乾燥を遅くして塗装してください。
ウレタンリターダーはこちらです。
>>ウレタンリターダー

・水性の場合
うすめ率10〜15%

スプレーガンの使用後は、用具の清掃を徹底してください。
特に、水性と2液ウレタンは塗料が固まると次回の使用ができなくなります。
使い終わったら、塗料に応じたうすめ液を入れて、ガンを吹いて洗浄しましょう。

いよいよ塗装

刷毛塗り塗装

つや消し剤が多量に入っていますのでムラをなくすために、よく混ぜながら塗ります。
一度にたくさんの塗料をつけるとムラになりやすいので、何度も塗るつもりで薄く均一に塗ります。かすれてもいいのでどんどん塗り、軽く乾かしてから再度なでるように塗ります。
それでもかすれていたら、軽く乾かしてもう一度塗ります。
もし垂れてしまったら、乾く前にローラーで伸ばしてください。

POINT

刷毛ムラやローラームラを極力なくす方法

ローラーは短毛ローラーを使う

短毛ローラーとは毛が短いローラーのことです。
長い毛の物より、何度も塗料を含ませなくてはならないのですが、
平滑な仕上がりになります。
長い毛の物を使うとローラーのパターンが出てしまいます。


使用前、使用中に塗料をよく混ぜる

つや消し剤が多量に入っていますので、ムラにならないようによく混ぜながら塗ります。
イメージ的には、かき混ぜる→塗る→ちょっと刷毛やローラーで混ぜる→塗る、
というイメージです。


1回塗りでやや透け気味になる程度、薄く塗る

一度にたくさんつけるとムラになりやすいので、2回以上塗るつもりで薄く均一に塗る。
ごしごし同じ個所ばかり塗っても色がつきにくいので、かすれてもいいのでどんどん塗る。
軽く乾かしてから再度なでるように塗ります。
それでもかすれていたら、軽く乾かしてもう一度塗ります。
ラッカーやウレタン塗料はそもそも刷毛塗りには向かない、超速乾性の塗料ですので薄く何度もを心がけましょう。

未塗装のバンパーなど黒い樹脂の部分は、非鉄バインダーを塗ってから塗装する。

樹脂部分は塗料がひっつきにくいのです。
そこで塗料と樹脂部分をひっつける接着剤の意味を持つ非鉄バインダーを塗ると、
よくひっついてくれます。

仕上げ

仕上げ 仕上げ
塗り忘れがないかをよく確認し、塗装が終わったらすぐマスキングを剥がします。

POINT
マスキングテープは塗料が完全に乾ききる前に剥がすようにしてください。
剥がす際に塗膜が剥がれてしまう可能性があります。
乾いた後に剥がすときはカッターなどで切れ目を入れながら丁寧に剥がしてください。

その後、しっかり乾燥させてから外した部品などを取り付けます。
走行可能までの乾燥時間はラッカーの場合、約1時間、2液ウレタン・水性塗料の場合、2〜4時間になります。
 

株式会社タカラ塗料
〒557-0063
大阪市西成区南津守4-3-17
(平日10〜17時)

takaratoryo.com